この時期の子供は天才脳?1歳児の記憶力は凄い!

1歳7ヶ月の娘に毎日20冊の絵本を読み聞かせしていて、お気に入りの絵本が70冊を越えました。

読み聞かせをしていると、ページをめくる前に内容を言ったりポーズを取ったりしますし、ウォーリーを探せ!では、全ページのウォーリーの居場所を覚えてしまいました。

個人差はあると思いますが、子どもの記憶力って侮れませんね!

1歳児だからと子どもの記憶力を侮るなかれ!

1歳半になる前に【きんぎょがにげた】という金魚がかくれんぼしながら逃げる絵本を初めて読んだのですが、二回目には何処に金魚がいるのかを覚えて瞬時に指を差していました。

【ウォーリーを探せ】を与えたらどうなるのかと思ってブックオフで購入してやってみたら、1ページ目はノーヒントでウォーリーを探し、2ページ目以降はヒントを出してようやく見つけるといった感じでしたが、二回目になると3ページ分を記憶。
7、8回やっているとウォーリーの居場所を全部覚えてしまいました。

sponsored link


そして、最近はウォーリーを探してから犬や鳥、魚、車など、たくさんの生き物や乗り物などを指差してから声に出して言うようになってきて、どんどん覚えている物が増えていっている印象です。

ウォーリーを探せ以外にも【100かいだてのいえ】のトチくんの居場所も全部覚えていますし、アルファベットの【W】と【X】以外は形を覚えていますし発音もします。

数字も1~4までは形も分かっていて英語で発音もします。

DWEのDVDもプレイアロング1~3までは踊れる歌が増えてきました。

そして、先日やり始めた絵本を使った漢字の形も目と口は1回で覚えてしまいました。

うちの子って本当に凄い!天才!将来は医者!っていろんな人が思うのも理解できます(笑)

ま、この時期の子どもって訓練すればなんでもできるようになるらしいんですよね。

カリフォルニア大学心理学部教授で児童発達心理学者のアリソン・ゴプニックさんがTEDでプレゼンしていましたが子ども達は仮説を立てて検証し失敗から学んでいるのだとか。

確かにうちの娘もABCの発音を何度も言って練習していましたから。

このプレゼンは面白かったので、まだ見ていない人は一度見てみるといいと思います。

TED アリソン・ゴプニック:赤ちゃんは何を考えているでしょう?

あと、アリソン・ゴプニックの本【哲学する赤ちゃん】も凄く難しかったけど勉強になる本でした。

『まだ早い』の根拠は?

最近の話ですが、1歳児に漢字、英語、ウォーリーを探せ!をやっていると友人と祖父母に言ったら返ってきた言葉は『まだ早くない?』でした。

僕が『早いかな?本か何かに書いてあった?』と聞くと『1歳でそんな事するのは早すぎるに決まっとる』ですって。

何を根拠にそんな考えになるのか不思議ですが、子どもは絵本もDVDもすぐに記憶してしまう凄い脳を持っています。

現在1歳7ヶ月ですが、これだけの記憶力がある時期を『まだ早い』という根拠もない考えを持って何もせずに過ごすのは時間がもったいないように思います。

少し大きくなればゲームなどの誘惑が非常に多くなるので、純粋に親の言うことを聞いてくれる今のうちにちょっとでも何かをやっておくと将来に繋がるのではないかと思っています。(忘れるかもしれないけど)

おわりに

1歳半の子どもの記憶力が絵本を何十冊も覚えたりウォーリーの居場所を全部覚えたりするくらい凄いというのが本やネットの中だけの話ではないのだと実感しました。

自分達がやれる範囲でこれからも娘にやっていこうと思いますし、子どもの前での夫婦喧嘩や暴言、非常識な行動などを全部見て覚えているだろうから、自分達の行動や発言には気を付けるよう注意していこうと思います。

覚醒剤なんかやって、清原番長みたいに子どもに恥ずかしい背中だけは見せちゃいけませんよね!