妻が産休・育休中の間は夫が家事をやればいい!

妻の育休が今年の5月で終わり、とうとう職場復帰となります。
先日、2年間育児を頑張ってきた妻に『お疲れさま』と言うと、『すっごく楽しかったし仕事したくない(笑)』と言っていました。
経済的な面で不甲斐ない僕ですが、妻に『育児に集中させてくれてありがとう』と言ってもらえたので頑張って家事をやってきて良かったです。
産休・育休という限られた時間の中で子どもとママが有意義な時間が過ごせるように夫が出来る限り協力することで、妻は育休明けに子育ても仕事も頑張れるのではないかと思います。
仕事の帰りが遅い人でもやれる事はあるので、ママを助けて充実した日々が送れるように協力しましょう。

夫としてできる事

一年の内半分くらいは仕事からの帰りが早いので家事全般をほとんど僕がやっていました。
妻がやっていたのは料理くらいです。

sponsored link


洗濯

洗濯ほど簡単な家事はないです!
洗うのは洗濯機で乾かすのは太陽か風か除湿器なので、干すだけの事です。
朝洗濯する家庭が多いかもしれませんが、うちは子どもが寝て妻が寛いでいる時にサッと終わらせます。
電気代の事を考えて23時から洗濯する場合もありますが、干すのなんて10分くらいなんで寝る前にでもやっちゃいましょう。
たったこれだけで妻が寛げる時間を作ってあげられるので、仕事で帰りが遅い人でもできるんじゃないでしょうか。

掃除

毎日の掃除は大変ですが、うちの場合はリビングはルンバ、一階はサイクロン掃除機、二階はマキタ充電式クリーナーと分けてあって、時間がある時にサッとやっています。
ほぼ毎日の事なのでパターン化していて、仕事から帰って二階に着替えに行く時に階段を上がりながらマキタの掃除機をかけ、ついでに二階を掃除。
一階のリビング以外の部屋は週に2回くらい子どもが二階で寝てからするか、昼間に子どもが昼寝している時に妻がするかのどちらかです。
リビングは妻が出掛ける時にルンバのボタンをポチッとな~!って感じです。

お風呂掃除

お風呂から出る前に掃除しちゃいます。
湯船に浸かって温かい体のまま掃除するので寒くもなく全然ストレスを感じません。
洗濯にお風呂のお湯を使う人はお風呂掃除は洗濯が終わってからになっちゃうので寒いと思いますけど、3分あれば浴槽の掃除くらい終わるので、これくらいやってあげてもいいんじゃないでしょうか。

ごみ出し

ごみを出す場所にもよりますが、通勤前にごみ出しできませんかね?
ママが子どもと一緒に歩いたり車でごみ出しって結構大変なのでやれるなら喜ばれますよ。
置いてくるだけですし。

地区の行事

アパートだとないかもしれませんが奉仕作業などですね。
土日が仕事の人だと無理ですがこれは男の仕事でしょう。
何かあった時の為にご近所さんと顔見知りになっておいた方がいいです。

夜の外出許可

妻は月に数回は子どもが寝てから一人で買い物や外食、ママ友の家に出掛けます。
時間は21時以降の2時間くらいが多いと思います。
22時くらいに一人でラーメンを食べに行くとお店でニヤニヤしちゃうようですよ(笑)
子どもといるとラーメンなんて食べる機会がないですから、それだけでストレス発散なんでしょうね。
一度ママにラーメンでも食べてきたら?って言ってあげたら飛んで喜ぶかもしれません。
浮気されても知りませんけどね!

パパとしてできる事

パパとしてできる事はあまり多くないですが、子どもが小さいうちはちょっとした事でもママは喜んでくれます。

ゲップ

赤ちゃんの時は母乳でもミルクでもゲップをさせるのに結構時間がかかります。
肩にタオルを置いてその上に赤ちゃんの顎を乗せて背中をトントンしたりさすればゲップしてくれるので、これくらいはしてあげましょう。
うちはよくゲップさせている時に妻がスマホで動画撮ってました。
ゲップーっておっぱいを吐き出す動画は笑えてきます。

沐浴

仕事から帰る時間が遅い人は休日くらいしかできませんが、沐浴をパパがするとママは疲れます(笑)
そりゃそうですよね。
慣れていないパパが沐浴なんてハラハラするに決まっています。
でも、パパが沐浴しているってだけで気分は良いのだそうですよ。
ママによって思いは違うでしょうけど『沐浴がしたい』と言えばあまりに鈍くさくない限りはやらせてくれるのではないでしょうか。

おむつ交換

テープの時はちょっと面倒ですが、パンツになれば簡単です。
これは絶対やりましょう!
うんちは臭いけど可愛いお尻からでるうんちは可愛いもんです(笑)

一緒にお風呂

お風呂に一緒に入るパパは多いと思いますが、僕の中で一番お風呂が難しいです。
いまだにシャンプーで泣く事があるので子どもの涙に弱い僕は苦手です。

一緒に外出

是非二人で遊びに行ってください。
アッという間に子どもは成長するので、いつの間にか色々出来ている事が多く楽しいですよ。
ママはこの間に美容院に行ったり友達とランチに行ったり買い物に行ったりとストレス発散する時間ができるので喜ばれる事間違いなしです!
子どもと遊ぶのが慣れないうちは疲れますが、何度も二人で遊びに行っていると楽しくなってきます。

おわりに

いろいろ書いてきましたが、パパがやろうと思えばできる事ばかりだと思います。
パパが家事や育児に協力する事で、ママは産休・育休中の育児が凄く楽しくなるはずです。
育休がとれる期間は子どもが産まれてからたった数年ですので、この数年だけでも子どもにとってもママにとっても最高の時間にしてあげましょう!