おすすめ授乳クッション・カドリースネイリーの最安値と使い方

今回は出産後に母乳育児を助けてくれるアイテム授乳クッションについてです。

僕が母乳をあげたわけではないのですが、夫婦であーでもない、こーでもないと言いながら選んだ授乳クッション【Simply goodのカドリースネイリー】は、楽天の週間人気ランキングを見てみると結構上位にきています。

楽天 授乳クッションランキング

Simply goodのカドリースネイリーとは

いろいろな使い方ができる授乳クッション

下の画像が【Simply goodのカドリースネイリー】ですが、初めて見た時に『これが授乳クッション!?』と驚きました。
58

妻がこのカドリースネイリーを選んだ理由は、どんな体勢にでもフィットして長く使えるからです。

sponsored link


新生児の間は赤ちゃんをギュッと挟んであげると落ち着いていましたし、少し大きくなれば寝返り防止にも使え、足の力が強くなってきたらベッドバンパーに、もちろん授乳クッションとして体に巻くのは当たり前ですし、大人の抱き枕としても使えます。

61
娘が新生児の時の写真です。
おくるみで巻いてカドリースネイリーで挟んであげたらよく寝ていました。

65

上の画像のような一般的な授乳クッションだとここまで色々な使い方ができないので、使用期間は凄く短くなるのですが、カドリースネイリーは中のクッションがヘタらない限り使い道はたくさんあります。

硬い授乳クッションがお好みな場合はカドリースネイリーは合わないですが、あまり硬さに拘らなければ、体に浮き輪のように巻き付けて使えるので使い勝手は良いのではないかと思います。

妻は体に巻き付けて、体とクッションの間に娘を入れて授乳していました。

下の画像は授乳後に二人と一匹で寝ているところです。
62

娘が1歳4ヶ月になった現在の使い方ですが、うちはベッドではなく布団派ですので寝相が悪い娘が壁に激突して起きないように壁に沿わせて使っています。
66

長さが2mあるので、広い範囲をカバーできて結構使えます。

ランキング上位の授乳クッションは1800円~3500円くらいですが、育児グッズ先進国といわれるイスラエルから輸入されているカドリースネイリーですから、5000円超えのお値段は少し高めでも仕方がないのかもしれません。

使える期間可愛いデザインの事を考えれば、カドリースネイリーが少々高くても納得のいく買い物となるのではないでしょうか。

最近、妻のすすめで11月に出産を控えている妻の姉も購入していました。

まだ産まれていないので旦那さんの抱き枕になっているようですが、かなり気に入っている様子でした。

カドリースネイリーについてまとめ

使用期間
新生児~ヘタるまで

使用方法
授乳クッション
ベッドバンパー
クッション
抱き枕

その他
母乳を予定しているママへの出産祝い

僕は一人目の子どもが産まれた友人二人に出産祝いで贈りましたが、めちゃくちゃ喜んでくれました。
授乳クッションって必要ないと考える人もいるので、出産祝いだと嬉しいのかもしれません。

64

アマゾン⇒カドリースネイリー
楽天⇒カドリースネイリー