マイホーム選びの参考に!重要視した選ぶポイント【環境編】

今回は僕がどのような所を重要視してマイホームを購入したのかを書いていきます。
価値観は人それぞれですが、参考にしていただければと思います

前回の記事もあわせてお読みくださいね。

僕が重要視したマイホームを選ぶポイント

新築も中古も場所選びが大切です。
賃貸のように嫌なら引っ越せば良いってわけにはいきませんからね。

小学校までの距離

子どもが生まれる前に家を購入しましたが、小学校までの距離はかなり気にしました。
嫌な事件が多い世の中ですので、少しでも事件に巻き込まれる可能性を下げる為に、なるべく小学校の近くが良いと考えていました。
中学校は公立なら自転車通学になるでしょうし、私立なら電車やバスになると思うので物件選びでは無視しました。
購入したのは小学校までの距離が約300mの所の物件です。

駅までの距離

何線でもいいので駅まで近い所にしようと考えていました。
娘が大きくなれば使う可能性が出てくると思うので、最重要ではないですが、気にはしていました。
実際頻繁には使いませんが、月に一回は乗る機会があるので比較的近くにして良かったです。
駅までの距離は約800mです。

sponsored link


歩道の整備

毎日犬の散歩に行くので歩道が整備されている所というのも重要でした。
家族みんなでも散歩に行くので、歩道があると安全なのでとても良いです。
街路樹で季節を感じられますしね。

職場までの距離

僕と妻の職場の中間にしようと考えていましたが、子どもが何かあった時に私の職場の方が融通がきくので僕の職場の近くにしました。
保育園に通い始めると熱が出たら呼び出されると聞いたので、僕の職場から車で10分、妻の職場からは通勤時間と重なると約40分かかる所になりました。

周辺の災害状況

震災の後でしたので、海や川から距離がある所にしようと思っていました。
ハザードマップは見ていませんでしたが、海や川からかなりの距離があります。
土地が低く水が流れこむ所もやめた方が良いので、気になった物件があれば雨の日にも行って見た方がいいと思います。

周辺の環境

物件を見に行った時にする必要があるのですが、周辺を歩いてみると、車では見逃してしまう部分がでてきます。
工場が近くにあると騒音などがあるので注意する必要があります。

スーパーまでの距離

車で10分以内で行けるスーパーがあればいいと思っていましたが、何処のエリアでも10分以内で行けるスーパーがあったので結局は無視しました。
車がないと自転車か徒歩になりますが、自転車の場合は15分、徒歩の場合は10分以内にスーパーがないと、荷物を持って移動するのはキツいと思います。
便利な宅配サービスもあるので、それを利用するなら気にしなくてもいいのかもしれません。

物件の南側の施設

物件の南側が空き地や田畑なら購入しないと決めていました。
このような土地は自分が購入してからコンビニやアパート、マンションが建つ可能性があり、コンビニだと夜は明るく交通量も増え、治安が悪くなったりしますし、日当たりが悪くなるかもしれないからです。
日当たりに関しては、南側に大きな庭があり光を充分確保できるならいいのかもせれませんけどね。

36

あと、僕の家は違うのですが、できるだけ都市ガスのエリアを選ぶ方が良いように思います。
都市ガスはプロパンガスと比べて圧倒的に安いです!
オール電化でないとお風呂はガスの所が多いと思うので、都市ガスの方がプロパンガスより安くてお得になります。
災害の時に都市ガスだと不便かもしれませんが、カセットコンロで代用できるので僕は都市ガスのが良いのではないかと思います。

最後に

以上が僕がチェックしたポイントです。

いかがでしたでしょうか?

これからマイホームを購入される方のお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です