読み聞かせにオススメ!『とってもいいひ』という絵本

最近買った絵本で『とってもいいひ』というのがあるのですが、僕も妻もかなり気に入ったので何回も呼んでいたら娘も凄く好きになりました。

1歳くらいから結構大きくなるまで読めると思うので是非読んでみてください。

『とってもいいひ』の何処が気に入ったのか

出だしというより絵本を開いた時のカバーに書いてある文から始まります。

なんだか きょうは
わるいことばかり
でもね でも・・・
きょうは いいひ わるいひ
どっちかな

ここから ことり、こいぬ、こぎつね、こりすの順番で悪い事が起きていきます。

背景は優しく描かれているのですが、描かれている動物の目がなんとも悲しそうなで読み手も感情移入しやすいでしょうし、読み手の感情も子どもに伝わるようのではないかと思います。

実際にうちの娘は読み手である私たちが悲しそうな顔をして朗読すると同じように悲しそうな顔を真似してきます。

そして、悪い事が起こった後に こりす、こぎつね、こいぬ、ことりの順に良い事が起きるのですが、良い事があった時の動物たちの顔がほっこりするくらい嬉しそうで、それがこちらにも伝わってくるんです。

そしてそして、最後のことりに良い事があった後のエンディング?がまた良いんですよ!

現在少しずつ絵本が増えてきて200冊以上ありますが、僕と妻の中ではかなり上位にくるくらい気に入っています。

sponsored link


絵本ナビでのレビュー

19件のレビューがあって、★5が11件・★4が7件・★3が1件でした。
下記はその内の2件です。

くよくよしないで
嫌なことがあれば、良いこともある。
単純な逆転劇のように思えるけれど、悪いことがあったら、良いことを考えようと言われているような絵本です。
気持ちを切り替えれば、悪い日も「とっても良い日」に思えて来ますよね。

素敵な絵本
4歳次女と6歳長女に読みました。文字が少なくて、次女も一人で読んでいました。
ことりとこいぬ、こりすとこぎつねがでてくるお話です。この4匹今日は悪いことが。ついてない日ってありますよね。でもその後、この4匹にいいことが!悪いことばかりじゃないよ。いいこともそのうちあるよというメッセージが書かれている絵本です。読んだ後とっても幸せな気持ちになります。何か嫌なことがあったときに、この絵本を開いたら、きっと明るい気持ちになれそうです。

引用元:絵本ナビ

絵本ナビには購入者が何歳の子どもに読んだのかも載っているので参考にされるといいいと思います。
私の場合は1歳過ぎから読んでいます。

おわりに

アマゾンではレビューが書かれていませんが、絵本ナビでは良いレビューばかりですので、是非『とってもいいひ』を読み聞かせに使っていただければと思います。